生きろ 〜島田叡 戦中最後の沖縄県知事〜

作品情報
2021年製作/118分/G/日本
スタッフ
監督:佐古忠彦
公式サイト
http://ikiro.arc-films.co.jp

「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」の佐古忠彦監督が、太平洋戦争末期の沖縄県知事・島田叡にスポットを当て、知られざる沖縄戦中史を描いたドキュメンタリー。1944年10月10日、米軍による大空襲で壊滅的な打撃を受けた沖縄。翌年1月、内務省は新たな沖縄県知事として、当時大阪府の内政部長だった島田叡を任命する。家族を大阪に残して沖縄に降り立った島田は、大規模な疎開促進や、食糧不足解消に奔走するなど、様々な施策を断行。米軍の沖縄本島上陸後は、壕を移動しながら行政を続けた。大勢の県民が命を落としていく中、島田は軍部からの理不尽な要求と、行政官としての住民第一主義という信念の板挟みとなり、苦渋の選択を迫られる。戦時下の教育により「玉砕こそが美徳」とされた時代、周囲の人々に「生きろ」と言い続けた島田の生き方、考え方はどのように育まれたのか。沖縄戦を生き延びた県民たち、軍や県の関係者、遺族への取材を中心に、新たに発見された資料を交えながら、その生涯に迫る。俳優の佐々木蔵之介が語りを担当。


7/31(土)〜8/6(金)10:10
8/7(土)・8(日)・9(月)休館
8/10(火)〜13(金)16:30
8/14(土)・15(日)休館
8/16(月)〜20(金)15:10
8/21(土)〜27(金)15:30
8/28(土)・29(日)休映
8/30(月)〜9/3(金)12:10
日付上映開始時間