エリック・ロメール特集 Cプログラム『モード家の一夜』『ヴェロニクと怠慢な生徒』

公開予定日
2021年06月21日(月)
公式サイト
https://rohmer-sixcontesmoraux.jp

1962年、42歳のロメールが盟友バーベット・シュローダー(当時21歳)と共に映画制作会社レ・フィルム・デュ・ロザンジュを立ち上げ、「モンソーのパン屋の女の子」が生まれ、〈六つの教訓話〉シリーズはスタートした。

構想になんと10年。二人の魅力的な女性のあいだで翻弄されながら、運命の愛を求め、ひとりよがりの夢想と葛藤に思い悩む男たちの可笑しさを詰め込んだ6作品。ロメールの唱える男女の恋の教訓は、普遍的であり、かわいくもあり、そして何よりもほろ苦い。

さらに今回は、ロメールの長編デビュー作「獅子座」に加え、「カイエ・デュ・シネマ」誌に映画批評を寄稿し始めた頃の若きロメールが、ゴダール、シャブロルらと共に撮った才気あふれる短編を6本、トータル13作品を特集上映いたします。

 

{六つの教訓話}第3話『モード家の一夜』[Cプログラム]

1969年/フランス/モノクロ/111分

出演:ジャン・ルイ=トランティニャン/フランソワーズ・ファビアン/マリ=クリスティーヌ・バロー

撮影:ネストール・アルメンドロス

理想の高い34歳の“私”は、未だ独身。日曜のミサで見初めた金髪女学生フランソワーズに片思い中。ある日、偶然出会った女医のモードと知的な会話で盛り上がり、彼女の家で一夜を共にすることになるが、“私”は敬虔なカトリック信者。無神論者のモードの誘惑に、指一本触れることなく朝を迎えるが、朝になって後悔。結婚するならフランソワーズ、だけど気になる大人の女性モード…。

 

{短編}『ヴェロニクと怠慢な生徒』[Cプログラム]

1958年/フランス/モノクロ/19分

出演:ニコール・ベルジェ/ステラ・ダサス/アラン・デルリュー

撮影:シャルル・ビッチ

家庭教師のヴェロニクが、生意気でイタズラ好きのわんぱく少年に勉強を教える数時間の出来事を、ホームコメディのような軽やかさで、ユーモラスに描いたロメール初の35mm作品。


6/21(月)15:40
6/23(水)15:40
6/25(金)15:40
6/27(日)17:30
6/29(火)17:20
7/1(木)17:20
日付上映開始時間