エリック・ロメール特集 Eプログラム『愛の昼下がり』『モンフォーコンの農婦』

公開予定日
2021年06月22日(火)
公式サイト
https://rohmer-sixcontesmoraux.jp

1962年、42歳のロメールが盟友バーベット・シュローダー(当時21歳)と共に映画制作会社レ・フィルム・デュ・ロザンジュを立ち上げ、「モンソーのパン屋の女の子」が生まれ、〈六つの教訓話〉シリーズはスタートした。

構想になんと10年。二人の魅力的な女性のあいだで翻弄されながら、運命の愛を求め、ひとりよがりの夢想と葛藤に思い悩む男たちの可笑しさを詰め込んだ6作品。ロメールの唱える男女の恋の教訓は、普遍的であり、かわいくもあり、そして何よりもほろ苦い。

さらに今回は、ロメールの長編デビュー作「獅子座」に加え、「カイエ・デュ・シネマ」誌に映画批評を寄稿し始めた頃の若きロメールが、ゴダール、シャブロルらと共に撮った才気あふれる短編を6本、トータル13作品を特集上映いたします。

 

{六つの教訓話}第6話『愛の昼下がり』[Eプログラム]

1972年/フランス/カラー/98分

出演:ベルナール・ヴィルレー/ズズ/フランスワーズ・ヴェルレー

撮影:ネストール・アルメンドロス

仕事にも家庭にも恵まれた主人公フレデリックの密かな楽しみは、いつも昼食をとっているカフェで、道行く美女たちとの恋模様を夢想すること。しかし、激情的な恋に生きるクロエに出会い、夢想ではない恋が展開していくことで、少しずつ追い詰められていく。フレデリックの夢想の恋の相手に、過去作のヒロインたちが特別出演する、小粋な演出も魅力の最終話。

 

{短編}『モンフォーコンの農婦』[Eプログラム]

1967年/フランス/カラー/14分

出演:モニク・サンドン

フランス東部の田舎町モンフォーコンの農場に嫁いだ元教師の女性の日常が、自身のナレーションに綴られるシネエッセイ。


6/22(火)13:30
6/24(木)13:30
6/26(土)15:00
6/28(月)15:00
6/30(水)15:00
7/2(金)15:00
日付上映開始時間