田舎司祭の日記

公開予定日
2021年08月21日(土)
作品情報
1951年製作/115分/フランス
スタッフ
監督:ロベール・ブレッソン
出演
クロード・レデュ/ジャン・リビエール/アルマン・ギベール/ニコール・モーレイ/ニコル・ラドラミル
公式サイト
https://inakashisai2021.jp

「バルタザールどこへ行く」「スリ」など数々の名作を生んだフランスのロベール・ブレッソン監督が、1951年に手がけた長編第3作。カトリック作家ジョルジュ・ベルナノスの同名小説を原作に、聖と俗の間で葛藤する若き司祭を静謐なタッチで描き出す。北フランスの寒村に赴任した若い司祭は、身体の不調を自覚しながらも、村人たちの悩みを聞き布教と善行に励む日々を送っていた。しかし、彼の純粋な信仰への思いは村人たちとの間に次第に溝を生じさせ、事態は思わぬ方向へと展開していく。キャストには素人を起用し、音楽やカメラの動きなども含めた“演出”を削ぎ落としていく手法で、ブレッソン独自のスタイル「シネマトグラフ」を確立した作品。日本では製作から70年にわたり劇場未公開だったが、2021年6月に4Kデジタルリマスター版で劇場初公開となった。


8/21(土)〜27(金)12:50
8/28(土)〜9/3(金)16:00
日付上映開始時間