奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション『ゲアトルーズ』

公開予定日
2022年01月30日(日)
作品情報
1964年 / デンマーク / モノクロ / ヴィスタ / デンマーク語 / モノラル / 118分 / 2Kレストア
スタッフ
監督:カール・テオドア・ドライヤー
出演
ニーナ・ペンス・ローゼ、ベント・ローテ
公式サイト
http://www.zaziefilms.com/dreyer2021/
1965年ヴェネチア国際映画祭 国際映画批評家連盟賞

弁護士の妻であるゲアトルーズは夫との結婚生活に不満を抱き、若き作曲家エアランとも恋愛関係にある。ある日、彼女の元恋人であり著名な詩人ガブリエルが帰国し祝賀会が催され、ゲアトルーズはエアランの伴奏で歌唱するが卒倒してしまう。愛を探し求め続けたゲアトルーズの姿を完璧な様式美の画面におさめ会話劇に徹したドライヤー遺作にして集大成的作品。

 


19世紀末にデンマークで生まれ、常に独創的で革新的な作品を生み出しながら、一貫して人間、特に女性の心の真髄をフィルムで捉え続けた、孤高の映画作家カールテオドアドライヤー。 ジャン=リュックゴダール、フランソワトリュフォー、イングマールベルイマンなどの巨匠たちからアルノーデプレシャン、ギャスパーノエといった現代の先鋭たちにまで多大なる影響を与え世代を超え敬愛されています。
79年の生涯で長編14作品を発表、被写体を見つめ、モノクロームの世界を巧みに操り、新たな映画芸術の可能性を示し続けました。今回は、ゴダールが女と男のいる舗道で引用したことでも有名な裁かるゝジャンヌと後期3作品がデジタルリマスタリングされ、スクリーンに甦ります。

 


上映スケジュール

1/30(日)13:00
2/1(火)13:00
2/4(木)13:00
2/5(土)12:50
2/7(月)12:50
2/9(水)12:50
2/11(金)12:50