さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について

作品情報
2021年製作/178分/PG12/ドイツ
スタッフ
監督:ドミニク・グラフ
出演
トム・シリング/サスキア・ローゼンタール/アルブレヒト・シュッヘ/アリョーシャ・シュタデルマン
公式サイト
https://moviola.jp/fabian/#modal

ドイツの児童文学作家エーリッヒ・ケストナーが1931年に発表した大人向け長編小説「ファビアン あるモラリストの物語」を、「コーヒーをめぐる冒険」のトム・シリング主演で映画化。1931年、ベルリン。時代は狂躁と頽廃の20年代から出口の見えない不況へと移り変わり、人々の心の隙間に入り込むようにナチズムの足音が忍び寄る。作家志望の青年ファビアンは、目的のない無為な日々を過ごしていた。女優を夢見るコルネリアとの恋や、唯一の親友であるラブーデの破滅。世界が大きく変わる予感と不安の中、ファビアンはどこへ行くべきか惑い、焦りを募らせていく。やがてコルネリアは女優の夢をかなえるためファビアンのもとを離れるが……。コルネリアを演じるのは「ある画家の数奇な運命」でもシリングと共演したサスキア・ローゼンタール。監督は、ドイツでテレビ映画を中心に手がけてきたドミニク・グラフ。2021年・第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。


上映スケジュール

6/25(土)〜7/1(金)17:10
7/2(土)〜8(金)10:10